ダイビングの体験談について

この記事の所要時間: 130

er56g7bsztqpery3kダイビングを始めるのは、簡単です。必要なのは、申し込む勇気だけです。1人でも全然大丈夫なんです。私の体験談をお話します。

女友達と2人でダイビング体験ツアーに申し込みました。指定された日時と場所には、それらしきワゴンが…そして乗り込みます。

ちゃんとワゴンに乗る前は、確認しましょくね。そして、しばらくするとピックアップしてきます。お一人様ももちろん居ました。

車酔いで小休憩を挟みました

伊豆の海洋公園へ向かいました。5時間くらいだったと思います。途中、私の車酔いで小休憩を挟みました。山路に酔いやすい人は、油断禁物です。

本当に伊豆の踊り子で1人で帰ろうかと言ってました。と言うか、帰りたいけどもう引き返せないような状態だったので頑張りました。

そして、色々あったけど到着。具合は、悪かったけど綺麗な海を見たら元気復活。ウェットスーツに着替えるのは、一苦労です。

トイレは出来ないので事前に絞り出しておきましょう

ウェットスーツを着たら、おトイレは出来ないので事前に絞り出しておきましょう。早速、インストラクターとプール内で指導を受けます。

マウスピースが水中で外れた時の対処方法やマウスピースに水が入った時の対処方法などを学びます。そして、ついに!!!海にダイビングです。

ワクワクしながら、インストラクターとワンツーマンで手を繋いで潜ります。水中マジックで恋をすると思います。

インストラクターが頼もしく見える

これはダイビングあるあるで、インストラクターが頼もしく見えるのです。実際、本当に頼もしいんですけどね。素晴らしい魚も見れて、無音の世界観に心がスッとします。

今でも目を閉じると思い出せます。それ程、心に印象深く残ってます。